« 2010年04月 | 2010年06月 »

2010年05月29日

もう大学やめちゃえよ

by stt : 2010年05月29日 17:13 | コメント (1)

見覚えのある大学と思ったら、、

神奈川工科大(神奈川)では、入試の多様化を背景に、「he(彼)」を「ヘー」と発音したりする新入生が見られるようになった。(読売)


英語の授業は中学生の教材テープ回して、リピートアフターミーです。
heをへーはローマ字読みできてるのでマシな方。現実はもっとカオスだぜ!
あと、「英語だから読まない」って平気で言っちゃう人もいっぱい居ましたね。

大学としては、あくまで馬鹿大学生に対するサポートの手厚さの宣伝なので、
これは自虐でも何でもなく、客集めとしてしか考えてない。
入試の多様化を背景に、というよりは
市場開拓して日本中の馬鹿を集めてると言っても過言ではない・・。

観光バスで高校生をひたすら大学に呼んで見学させたり、
全国まわって説明会開いたりして、集客の営業は頑張ってるんだけど、、
これって既に大学のやるべき事じゃないでしょ。。
で、ボウフラ並の知能とゴミ程度の向上心を持ったのがうじゃうじゃ入ってくる。

まぁ、馬鹿だけど異様に才能ある人とかごく稀にいて、面白いっちゃ面白かったかな。

2010年05月26日

悔しい、とても悔しい。

by stt : 2010年05月26日 22:05 | コメント (0)

AKB48は好きじゃないけど、
「ポニーテールとシュシュ」は
すばらしいコンセプトと言わざるを得ない。


GARNETCROW買ってる人の半分以上は
ゆりっぺのポニーテールの為という説もありますね。


何が言いたかったのか忘れてしまった。

2010年05月23日

うぃんすぺくたああああああああああああ

by stt : 2010年05月23日 12:17 | コメント (0)

ドカーン!
特警ウインスペクターとは、
平和を愛し、友情を信じ、
人の命を守る為犯罪に立ち向かう、
「警視庁特別救急警察隊」のことである!
テレーン!テッテッテテー!


遂にDVD1巻発売!
当然発売日に買ったんだぜ。
全巻予約済みなんだぜ。

いやしかし20年前か。
感慨深くて股間が濡れてくるな。。

2010年05月12日

いろんな状態で脳波見てみた

by stt : 2010年05月12日 02:56 | コメント (0)

クリップでXbeeに接続は頭の周りがうざいことになってたので、ソケットにはんだ付け。

割と邪魔じゃなくなったので、いろんな状態での変化を見てみることにしました。
大体横幅全部流れて40秒程度の時系列データです。縦軸は謎。

?通常


?目閉じて草原を思い浮かべる(リラックスするにはそうしろとマニュアルに:l)


?いやだなあ・・・ということを考える

なんか凄いことに。もしかしたらノイズ受けてるだけかも。


?いかがわしい動画を見る

Delta波がビンビンしてきた。

?ひたすら瞬きする

これもDelta波がビンビンしてる。
Theta波もちょっと出てるらしい

?ヘッドフォン装着

無音なのにノイズ受けてるのか、頭が締め付けられるせいか
明らかに他と差異が。特にHighGammaが暴れてる。
聴く音楽の違い見ようかと思ったけど、とりあえず断念。


うーん、やっぱり周辺ノイズの影響が大きそうなのと、
体の動きとかでも結構反応するみたいだし、
思考と何とか波との関係は、まだサッパリ分からず。
ただ、1枚絵を取って俗説広めるには良いネタかも知れませんね。

そもそもノミナルの精度が分からないから、
とれたデータがどういう精度かサッパリ分からないし、
もうちょっと色々試してみますかね。

2010年05月11日

MindFlexを試してみた

by stt : 2010年05月11日 23:59 | コメント (0)


EmotivEPOCが届くまでの、脳波のお遊びとしてeBayでMindflexを買ってみました。
で、ボール浮かせて遊ぶのはそこそこに、早速海外のhack事例を試しました。

Eric Mika氏のhttp://ericmika.com/itp/brain-hack
ヘッドセットにあるNeuroSkyのチップのTX端子から
シリアルデータを持ってきてPCで見るという物。
Processingで中々ナイスなグラフツールも作っておられます。

有線でAC電源-PCからつなげるのは不安だったので、Xbeeで無線接続に。
NeuroSkyのチップがXbeeと同じ3.3V設計なので、おそるおそる電源共有。
別電源にしたときの計測結果と比較が必要ですが、問題ない様子。(?)


で、上のサイトのBrain Grapherでリアルタイムグラフ化すると、こんな感じ。
(クリックで全体画面します。mixi変換は糞過なので低画質&クリック出来ないけどね!)

値がどれだけ正確かは未検証ですが、少なくともMeditationとAttentionは、
何も繋がないでMindFlexのゲームやった時と同様の挙動を見せるので、
Xbeeのノイズは影響ないみたいだ。

さて、他の周波数帯別の数値の妥当性はどう判断するべきか・・・

2010年05月06日

何という腐ったGW

by stt : 2010年05月06日 01:55 | コメント (0)

ガラガラの終バスで帰宅!
いつもの連休明けと違って、社員が1,2人しか乗ってなかったけど
明日明後日も休みを取っているのかしら。まぁどうでもいいや。

今年のGWは全部実家に帰れた訳ですが、
なんだかEmotivのお金のトラブルをやりつつ(継続中)、
いろんな脳波のアプリケーションを調べつつ、、

NHKFMのアニソン三昧と、その前夜祭をひたすら聞いてたという、
ただのニートのような生活ばっかりが思い返されます:-l
ニートなので1日3時間も寝ればOKさ!

中学入ったあたりからアニメ殆ど見てないので
全然最近のは知らないんですが、アニソン三昧は何故か
タイミングが合って毎回聞いてるような気がしないでもない。


え?2時からラジオ深夜便でゲームミュージック?
しょうがないなぁ・・・。

#やばい、面白すぎてとても眠れない。みんなも聞くべき。

2010年05月04日

PayPal日本語サポートはナイスだった

by stt : 2010年05月04日 18:13 | コメント (0)

米PayPalのサポートがレスポンス悪くなってきたので
日本語窓口に連絡してみたら、回答早いし一気に解決に向かった!
悪い予感持ってごめんなさいごめんなさい。
みんなもPayPalつかおうぜ!日本語サポートは安心だね!
きっと利用者が少なくて暇でしょうがないnうわなにをするやm

#追記
なんか米サポートに送ってるメールが、なぜか途中経路ではじかれたりして
中々届かないのがレスポンス悪い原因みたい。
7時間後にfailure noticeで帰ってきたり。糞が。
やっぱり日本人なら日本サービスを使えって事だね!




前の脳波の話の続きですが・・
ちょっと検索してみたら、脳波コントロールのロボットや
車椅子とかは企業でもだいぶ開発始まってるみたいですね。

脳波を解析しロボット動く ホンダが新技術(2009.03)
脳波で電動車いすをリアルタイム制御(TOYOTA 2009.06)
脳波で「靴下脱ぎたい」 運動障害者向けに装置開発(産総研 2010.06)
他にも多数。


Japan plans mind-reading robots and brain interface devices 'by 2020'(engadget)
日本政府も国プロやるらしい。
元は日経の記事らしいのに、国内じゃさっぱり消えてるから無くなったのかも。

でも税金で研究してる人たちって、半分くらいは流行のテーマで予算とって
飯食うためだけのゴミ研究なんだよね。
共研はスピードが遅いし、無難な成果しか出ないので
やってるうちに世界からどんどん置いてかれるし、
企業の中研の独自研究も金が中々かけにくいだろうし、
ここはこう、ぶああああっと勢いのあるベンチャーに期待したいところ。

消費者向け脳波ビジネス(2/2)

by stt : 2010年05月04日 04:50 | コメント (0)

ネットブックで文章書くのは気が狂いそうだ!
今MindSetでモニタリングしてたら
おそらくイライラ度を示す周波数域の何とか波が強く出てたんだろう。
しかしそんなのどうでも良い!イライラしてることくらい自分で分かるから!


1/2で長々と書きましたが、
MindSetは成功すると思うんですよ。
視覚情報化のソフトがなかなか見た目が良いので、
色々やってるときの脳波の状態見るだけでも面白いだろうし、
音楽でも、漫画でも、テレビでも、
ジャンル変えてみたときの変化も面白そうですよね。
電極をぬらす必要が無い乾式ってのも地味にポイント高し。


でも!

日本人はヘッドギア付けてそんなのやりたいんだっけ?と!

脳波を使うと言ったら、

ロボットなんじゃないのか!


というわけで、本命の紹介です。


Emotiv社のEmotiv EPOCです!
MindSetがセンサ1個で頭全体の情報を見るのに対し、
Emotivはまさにヘッドギアのような、多センサなので

どこが盛り上がってるかが分かるんですね!
全体だけ見るのと比較すると、圧倒的なパターン数!

この変化の仕方と人間の思考をシンクロさせるトレーニングをすれば
前後左右程度の動きは本当に脳波だけで出来るんですよ。
(適当にyoutubeででもEmotiv EPOCで検索してみてください)

ユニット単体だと299USD
処理済データ用SDK付で500USD
生脳波データ見られるセットは750USD
と、多少値が上がりますが、
やれることの可能性を考えたら安いもん!

と言うわけで注文したんですがね、
なんだかPayPalのAPI使ったようなwebformで、
PayPalアカウント入れずに、カード番号直入力で支払いするんですよね。

ちょっと不安だったんですが、やっぱりこけた。
カード的には支払い完了したのに、formの情報と紐付けされなかったらしい:-l
まぁ、PayPalなので本当行方不明になるわけ無いので
どうせ帰ってくるんですけど、まだPayPal Supportとやり取り中です。

そういえば、PayPalって日本語サービスが始まってたんですね。
今回のトラブルも英語の方でやり取りした後で気づいてしまった。
途中からでも日本側サポートに切り替えるかなぁ。
あんまりいい予感しないけど・・。

消費者向け脳波ビジネス(1/2)

by stt : 2010年05月04日 00:04 | コメント (0)

また、mixiの携帯ユーザーに殺されてしまう日記を書いてしまつた。
毒電波ならまだしも、脳波はよく知らないので大した事は書けてませんが。

ここ数年、医療向けの脳波測定器の高性能化とは別に、
低価格で、個人消費者向けの脳波測定器が流行りつつありますね。
特に今年は、国内でも1、2万円程度の製品がぞろぞろと出てきて、
国内では3Dテレビに次ぐブームになりそう。
どちらも健康被害のリスク解消がまだ怪しい気がしますが・・。


大きな商品で言うと、↓の東芝の商品や、脳波を使った玩具など。
集中してますか?…脳波測定機器、東芝が5月に発売(読売)

東芝が開発と書いてありますが、どうみてもNeuroSky社のMindSetです。本当に(ry
第一発はオリジナルを日本語化しただけの様な状態で売るのでしょう。
PCとの親和性も良いので、ソフトウェアの販売で稼ぐのかも。

ForceTrainerMindFlexが公式サイトでも紹介されているように、
玩具向け等で脳波処理部をブランド化して売るのと、
自前のヘッドセット・ソフト開発環境の2軸を基幹にしたい雰囲気も見えます。
元気そうな日本代理店もありますね。

脳波のセンシングと信号処理とPCの通信をまとめたチップが、
なかなか出来が良いようで、既存の玩具にもスパッと組み込めそうです。
ForceTrainerもMindflexもMindSetも、全部同じモジュールで
ファームウェア変えてるだけのようです。コスト的にもナイス。

有線で電源やPCにつなげると、
PCやACのノイズを拾って脳波なんてノイズにかき消される上に、
粗悪設計だと、頭皮とコンセントをつなげる恐れがありますが、
(日本では脳波マウスの呼び名で、08年に出たOCZのNIAはこのタイプ
悲惨にひどい設計でウンコ漏れまくりだった)
NeuroSkyファミリーはbluetoothやxbeeで無線通信前提の設計で、
アイソレいらず。データ受ける側はノイズ設計がほとんど不要。こなれてるね!
日本のメーカーで、この値段・親切さで作れるところがあるんだろうか。

Mindflexはセガトイズが輸入して9千円程度で夏発売予定。
リラックス・集中度しかゲームには使わないので、他のデータは殺されてますが、
基盤の端子から、直接生データが取れることが確認されて
α波、β波とかも取れる最安測定器として、海外でhack事例増加中。


肝心(?)の性能としては、頭の端と端の電位差見るだけで
全体を1点で測定するだけと、かなり簡素なものですが、
目的に対しての精度自体は問題なく、これ使っての
日常生活における脳波測定適用事例に関して、論文もいくつか出ています。
今月の日経エレクロトロニクスにも特集あり
アタマを使え 脳波で機器を操る(日経エレクトロニクス2010年5月3日号)


医療目的には当然使えないですが、
大雑把な計測が、2万円で可能となったら出来ることはいっぱいあるわけで。
・リラックス度や集中度を客観的な数値化で見られるので、人間の印象をある程度定量的に取れる
・自分が集中してるかどうか、等のフィードバックを確認しながら、望まれる脳の状態に自力で持っていくトレーニングが出来る。(脳のバイオフィードバック、θ波が出るといいとか、リラックスしながら集中してるといいとか、いかにもなのが色々あるそうですよ)
・脳のステータスモニタで居眠り警告とか、ヒューマンエラー防止に。

上の二つはどちらもMindSetに標準ソフトとしてついてくるのでも可能。
印象の数値化といっても、むちゃくちゃなデータの取り方して
実験データとして扱う馬鹿な企業が腐るほど出て、まぁカオスになりそうですが。
バイオフィードバックは、学会から危険性が指摘されていますが、実証と俗説の広がりのどっちが早いか・・

ゲーム脳の森さんは一応医療向けの機材使ったのに、馬鹿だから正しい計測出来ず。
でも結局適当なグラフホイホイ出して、みんな信じちゃったような世の中ですからね:l
グラフってのは一人歩きしますからね・・・。

頭がよくなる!集中力何倍!睡眠効果何倍!とか言えばまぁ、売れますよね。はっはー。


他メーカーをほめるのも気に食わないですが、
大手がこんなヘッドセット出すってのは、やはり意味があると思うんですよね。
胡散臭い怪しげな所が出す脳波計なんて、なかなか普通は手出しませんもん。


・大手のブランド力での不信感解消
割とまともな
・集中力が高まるかもしれない(学習・スポーツ・ビジネス)
・睡眠の質の数値化、個人レベルでの改善(健康)
ちょっとあやしい
・いろんなりラックス効果の実証詐欺
何でも言いたい放題
・いろんな悪徳商法
・学会の対応遅れでいろいろ根拠不足
・そして復活するゲーム脳詐欺の恐怖
とネタがそろいまくってて、色々と面白い展開になりそうですね。