「撲滅」じゃ永遠になくならないんだがな

by stt : 2010年04月04日 00:37

職業柄、原発の中央操作室の設計でよく「ヒューマンエラーの撲滅」
といったコンセプトを耳にします。

んですが、「撲滅」って言葉を使ってる時点で
根性論でどうにかしよう、って言う考えが見えて来ちゃうんですよね。
設計でヒューマンエラーを無くすのは、根性じゃなくて理論ででしょ?っていう。
人間に負担かけるような設計にしないのが、俺たちの仕事だろ違うのかおいハゲ。

ヒューマンエラーって、運転員の技術不足とか注意不足が大きく見えちゃうけど
根本にあるのは、表示盤・操作盤・運用システムが駄目だったりするんですよね。
もちろん運転員は相当訓練してから、実機の運転に携わるので
ちょっと駄目なシステムだろうが、訓練量でカバーできてるんですが、
「撲滅」ってそういう事じゃないべ、っていう。

ヒューマンエラーとか認知科学とか、いろんな学問があるのに
結局の所、声がでかい人の意見で作られてる感じなんだよなぁ。
そういう知見を取り込んで、かつ、原子力プラントとしての哲学なりを入れれば良いのに
基本も押さえずに、意味不明な設計がかなり混在してるんですよね。
技術者倫理とかどっかに飛び去ってるし、他業界・海外も大して見てない。
見てても結局新しい物嫌がって入れない。うんこ。

今ちょうど、どこも次世代の中操の設計が(いまさら)始めてるところですが
出来た頃には世界最低レベルの中操が出来るんだろうなぁ、
と今から期待出来ない状況です。はぁ。

まぁ、危険な原発になる方向には多分行かないので、
一般市民として特に心配する必要はないんですが、
中韓にも抜かれるようなウンコ盤になのを、黙って見逃すわけにはいかないね!


というのを、サイエンスチャンネルで今度放送される
科学が社会にできること?安全安心の科学? (6)原子力発電所の安全
の取材記事を読んで思いました。4月からネットでも見られるそうです。
おそらく、「こんなに安全に考えられた表示なんだぜ!」って内容で、
表示盤もじっくり近くで映して解説したそうなので、
割と普通では見られない所も多く見られて面白いかと思います。
暇な人は見て問題点を考えてみてください。
色々と低レベルで初歩的な間違いをしているので、面白いかと思います。

コメント

コメントしてください

コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。